ダンジョン作成からの十一章からの最終章。

迷走も大概にしろw
という訳で再び水竜殿回想戻りました。
回想抜けるまでしばらくかかると思うので
ここで更新しときます。


水竜殿・地竜殿はダンジョン未完成でしたので
まずはそこから。概ね構想は出来てました

↓水竜殿は町より町らしい圧巻の十四部屋。
 全ての家にドアがある住宅密集型です(意味不明)
画像
画像


水竜殿ダンジョン完成させ
モブ台詞も埋めいざ攻略、という所で
気が向いて十一章異世界と
チェイムル編の修正に入ります。


本編制作進めてく上で
ずっと気がかりというか、気が重い作業だったので
これは気が向いた時にやっておかねば、と
一気に修正完了。

そのまま勢いでバーナル大陸
いけるかと思ったら、シナリオで
ここはこうはならないだろう、と
納得いかない部分を手直しし
それに合わせて十三章冒頭会話も手直しという
負のスパイラルに入った後
更に異世界攻略もした為押せ押せgo


※画像は終盤第十一章のものです

画像

↑十一章チェイムル編

画像

↑〃バーナル大陸
エリセザ合流~リュート合流の間の限定会話。

画像

↑これと竜の抜け道布団も限定会話。


最後の修正十二章はやはり、
旧版の流れを確認した上で
事前にシナリオ書いておいた方が良さそうですね。


またチェイムル編と最終章で使う
残りのグラフィックも描き終えました
やらなかったと言うより忘れてたやつ。

(これに限らず制作段階で
「まだだったんかい!」と
何度ツッコんだ事か・・
旧盤は色々飛ばしまくってたようですね)
あと十二章の1人と真EDの数人を残すのみ


しかしチェイムル編は、
グラフィック1人描き忘れてたという事は
どの道2.10にぶっ込むのは無理だったんでしょうが・・

次verでここからスタートかよ!と
思うような内容だったり。

メイシーと監視者メインなので
いきなり世界の核心部分から入るという
リュート達にも説明してないのに・・。

ここもどう解りやすくするか、で苦労しました
多分また周回で直しますね・・ 納得いってない。


まあ区切りが悪いのは今更です。中盤のセザ達も
異世界のある意味区切りを入れられず
魔竜殿で切られてますし。

(異世界も・・どうなんだろうな。
あの2人は真EDが真の完結でしょうか。)

十一章全部を入れるのが無理なら
聖竜殿で切ったのは正解だったと思います
まあまあいい所で終わった。


異世界修正してるさ中、ふと
通常ED廃止しようかな・・・と思い
可能かどうか検証。

十一章という早い段階でED分岐してしまう仕様は
昔だったら普通ですが
今風の親切設計ではないですよね。明らかに。

異世界クリアしてもしなくても
真ED展開に持っていけなくはないですが
どうなんでしょう・・。


現状、十一章異世界をクリアしない場合
表ラスボス戦後スタッフロールが流れ
P一覧は流れず
周回(表ラスボス手前から)も出来ない、
最後の隠しダンジョン異空間も出ない仕様です。


これを廃止するのは攻略を見ず
そのまま進める方の為になりますが、

異世界を無視して真EDに行けたとしても
どの道そこで手に入るはずの最強装備が
周回も出来る中で永遠に手に入らない、
(運送中も異世界未クリアの場合
エリア11は出現しない為)

そうすると周回するつもりの方は
結局十一章からやり直しませんか?

この状態で周回出来る仕様にする方が
気づいた時の絶望感ハンパないと思います・・。


後はいっそ異世界クリアを強制にするかですね。
真EDの流れだとやっぱり
クリアした前提であってほしい。

現状維持だと十一章クリア手前で
異世界未クリア時に
メイシーにしつこく注意勧告してもらうか。

いずれにしろこの仕様で
クレーム来たら申し訳ないです・・



十章クリア時トータル:45時間21分

十一章クリア時間(仮)
異世界未クリア:50時間11分(4時間50分)
異世界クリア:52時間21分(7時間)

よって今後多少の修正が入ったとしても
十一章が最長章の可能性は消えました。チャンチャン。


七章 11:30:38~19:42:38 8時間12分(暫定二位)
八章 19:42:38~35:26:11 15時間44分(暫定一位)
九章 35:26:11~43:02:37 7時間36分(暫定三位)
十章 43:02:37~45:20:57 2時間18分
十一章 45:20:57~52:21:39(仮) 7時間1分

やっぱりLV上げする章が長引くんだろうか・・。


・・ちなみに異世界ダンジョン、
作者はマップ確認しながら最短で抜けましたが
多分まともに攻略したら
地下迷宮よりやばい気がします・・w

全体マップで正規ルート
追うのですらひと苦労だった。
マジで訳わからん。修行場のアレが通常戦闘だしさ・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック